バンパーの擦り傷の修理を業者に依頼する際のポイント

運転に不慣れな時には、自動車のバンパーをこすってしまったり、軽く何かにあててしまうことがあります。そうした場合には、深い傷や大きなへこみがないのであれば、交換をしなくても板金塗装での修理が一般的な方法になります。下手をすると10万円ほど費用がかかってしまうバンパーの交換とは異なり、板金塗装の修理は比較的価格は低くなりますが、それでも数万円ほどの出費になる場合があります。交換にかかる費用とまではいかなくても、ある程度の出費になるので、バンパーの擦り傷の修理をしてくれる業者の選び方は、十分注意しなければなりません。また、修理を依頼する場合、ポイントを押さえておくことで費用が抑えられることがあります。そこで今回は、業者に依頼する際のポイントについてご紹介します。

板金修理による費用の相場について

板金修理による費用の相場は、住んでいる地域や店舗などによっても変わってきます。特に、大きいへこみを直す場合は、板金修理によって元に戻すより、中古や新品の部品に交換してしまう方が安く済むことがあります。また、交換する場合でも、仕上がりに差が生じません。そのため、一般的には、板金修理業者で板金作業をするのは、50cm四方くらいのへこみや擦り傷などが対象となります。それより大きなへこみや擦り傷になると、時間も余計にかかりますし、板金をすることで鉄板にも負担が大きくなり、修理自体が困難になります。基本的に、板金そのものが1日で完了する程度のものなら、かかる費用は3万円前後が相場となっています。しかし、板金を施した後は塗装が剥げてしまっているので、再度塗装する必要があります。そうなると、塗装費用としても3万円前後の費用がかかり、最低6万円は準備しておく必要があります。それより日数が多くなる場合、日数が増えるほど費用も上がると考えておいた方が良いでしょう。

見積りを比較して割安な業者を選ぶ

同様の依頼内容であっても、業者によって工賃には違いがあります。これは、費用を考える際に抑えておくべきポイントです。業者の工賃については、見積りを取って比較することができます。そうすれば工賃の安い業者を探すことができるので、しっかり工賃の比較を行いましょう。もう一つのポイントは、パーツの代金です。バンパーの板金修理を頼む時の選択肢としては、ボディーを板金作業によって戻す方法と、部品交換する方法という2つの選択肢があります。擦り傷程度であれば板金作業で修理をした方が安くなりますが、擦り傷と一緒に大きくへこんでしまっているような場合には、思い切って交換する方が割安になります。ただし、新品交換の場合にも10万円以上かかることがあります。費用をもっと抑えたい時は、中古部品を選ぶことも可能です。ですが、中古部品も、塗装が必要な場合は費用も上がります。また、販売台数が多い車種なら中古部品も沢山流通していますが、販売台数の少ない車種は中古部品でも価格が高くなり、新品に交換するか、板金作業をして形をキレイに整えるといった作業が中心になりますので覚えておきましょう。