自分ではバンパーの擦り傷が修理できない場合の対処法

車に毎日乗っているなら、車のキズ、擦り傷はどうしても避けられないものです。ただ駐車場に停めておいただけでもキズが付く、正確には付けられている事もありますし、飛び石によるキズ、田舎の道であれば、道路わきの雑草や木の枝でもキズ付く事はあります。このようなキズはその都度気付く事は意外に少なく、洗車や、何気なく車を眺めた時に気付く事が多いものです。これが新車であったりするなら、愛着を失う程ショックも受けるものですが、そんな時はカーショップやホームセンターなどで買える、コンパウンドがお薦めです。ボディーやバンパーの擦り傷を目立たなく出来て、その度合いによっては消してくれる為、常備しておくと重宝します。所が、一番キズ付く頻度の高いバンパーに、大きな擦り傷を見つけたらどうでしょう。塗装の下、黒いプラスチックの下地まで見えている場合、コンパウンドではどうしようもありせん。

自分では修理出来ない擦り傷のバンパーを修理する場合

この場合どうしても、そのキズが気になって仕方無いなら、修理業者に持ち込むのも、ひとつの方法です。そこは専門業者、車体からバンパーを取り外し、バンパー全体を綺麗にします。もちろん、深い擦り傷部分は薄く削って、高さが他の部分と違えば、パテを塗って下地を平滑にして行きます。これに塗装をする分けですが、僅かな部分の為に、かなり大がかりな修理になってしまうのも、プロの仕事においては普通です。もちろん、部分的な修理で良ければ、キズの場所、深さ、範囲によって、車体からバンパーを取り外す事無く作業できますから、事前に修理内容と見積り金額を聞いて交渉すると良いでしょう。こうした修理は、あくまでも見た目の問題ですから、車の所有者が納得し望めば、修理業者はそれでも良いのです。全くの無頓着にお願いして、完了後に修理代で驚く事は避けたいものです。

自分では修理出来ない擦り傷のバンパーを交換する場合

愛車をバンパーの修理に出すのは納得しない方もおられるでしょうから、交換の場合をご説明します。そこで考えられるのは、新車で購入したのであればディーラーへ持ち込んで、新品に交換して貰う事です。この場合、いわばメーカー修理ですから不満は無いでしょうし、見た目にも全く問題無いと思います。しかし、新品である以上、メーカーや車種、色によっては未塗装の部品である事もあり、塗装代を含め、かなり高額な修理代金になる事を覚悟する必要があります。特にこの事は、高級車の場合顕著ですから、事前に確認と、別な方法の検討も必要かも知れません。次に交換費用を抑える、リサイクル品を使用する方法です。これは修理業者にお願しても良いですし、インターネットでの調べ物が得意な方なら、自分で簡単に購入が可能です。この場合、良く出回っている車種であれば、色を選んで買える場合も多いですが、そうで無い車種や特別色の場合には、無難な白系のリサイクル品から、程度の良い品を購入するのが良いでしょう。この場合、塗装までお願する事になりますが、小キズなども修復されるので逆に良いかも知れません。