自分でバンパーの擦り傷を修理する際のコツ

自動車の場合、バンパーに擦り傷が付いてしまうことがあります。運転中に塀や柵、壁に擦ってしまうことも多く、不注意によって傷が付いてしまうケースが多々見られます。このような状態では自動車の見た目が悪くなってしまうので、バンパーに対して修理を行うことが良い方法になります。一般的には専門にしている自動車関連の修理工場を利用する方法で、簡単に綺麗に修復することができますが、簡単な擦り傷の場合では所有者自らが直す方法もあるので、事前に必要とされている道具類を用意することや、一定のコツを把握する方法で十分に対処できる場合があります。簡単な傷の場合では1日間でも仕上げることができるので、気になっている傷を持っている方ならば、チャレンジしてみることもおすすめの方法です。

バンパーの下地処理をしっかりと行うこと

バンパーに出来てしまった擦り傷を自宅にて修理を行うことを考えた場合では、下地処理をしっかりと行うことが大切な作業になります。傷の部分に対して耐水ペーパーで磨き上げる方法があり、傷の付いてしまった部分を綺麗に磨き上げる方法で、下地調整を行うことが一般的です。最終的には1500番以上の耐水ペーパーを用いて磨く方法で、鏡面仕上げにすることができるので、該当している部分に対しては、単に汚れを落とす方法だけではなく、凹凸をできるだけ無くすためにヤスリがけを行うことが必要です。その後はバンパーを洗い流し、乾燥させることができた場合では、下地調整が完了したことになるので、その後の塗装作業に入ることができます。下地調整が塗料の仕上がりを大きく左右させてしまうので、できるだけ慎重に作業をすすめることが大切になります。

バンパーに対して行う塗装作業のコツ

バンパーの傷の部分に対して下地調整を済ませることができたならば、次の工程として塗装作業を行うことが必要です。最初に利用するものは、下地用の塗料になり、一般的にはグレーのカラーの下地塗料が販売されています。利用に関しては、事前にバンパーの該当している場所だけ出すように、周囲をマスキングしておくことも必要です。下地塗装を終えることができたならば、次にボディカラーと同じ色のスプレー缶を用意する必要があります。コツとしてはバンパーから20センチ程度離れた位置から吹き付ける方法になり、2回以上にわたって塗装を繰り返す方法で綺麗に塗装を済ませることができます。最終的にはクリアラッカーを利用することも良い方法になり、同じように2回以上で仕上げてから、液体状のコンパウンドを用いる方法で、綺麗に修理を済ませることができます。