誰でもできるバンパーの擦り傷の修理方法のご紹介

ちょっとした気のゆるみで「ゴツン」とやってしまうことも多い「バンパーの擦り傷」は、修理するにも大きな負担が出ることも少なくありません。板金・塗装と行うのであれば、時には10万円近い費用が必要になることもある為、「自分でできる修繕・応急措置の方法」を覚えておくと非常に便利です。コストを節約する意味ではもちろんですが、「そもそもそれほど面倒ではない修理も多い」のでしっかりと覚えてしまいましょう。その結果、ちょっとした変化にもすぐに反応出来るようになるため、最終的に余計なコストを掛けずに車の状態を長く維持できるようになると言った大きなメリットが見込めます。専門的な技術や知識が必要な方法もありますが、「誰でもできる簡単な方法」を2つ紹介していきます。

誰でもできるバンパーの擦り傷修理法1

バンパーの擦り傷は、大きく分けると2種類あります。1つは「専門的な処置が必要になる状態」で、もう1つは「知識や技術が無くとも対処できる状態」です。前者に関してはプロに依頼して対応した方が圧倒的に楽に済みます。ただ、だからと言って素人では太刀打ちできないと言う訳ではありません。最初は上手に出来ないかも知れませんが、徐々に難しいことも出来る様になっていき、最終的にはプロに匹敵するほどの仕上がりに処置できるようになっていきます。とは言え、まずは簡単な方法から感覚を掴んでいくようにしましょう。上記例における後者の状態であれば、「コンパウンド」で対応してしまうというのも一つの方法です。コンパウンドで対応できる状態は限定されてしまいますが、非常に簡単で誰にでもできる対処法です。

誰でもできるバンパーの擦り傷修理法2

コンパウンドで対処できる擦り傷の程度は、「爪が引っかからない程度」のキズのみです。傷の表面を爪で優しくなぞってみて引っかかりがあるようなら対処できない可能性が高いです。一応、少々の引っ掛かりであれば対処できてしまうこともありますが、はっきりと引っ掛かりが感じられるようではまず無理です。そのような場合は「リタッチペンやカラースプレーなど」で対応する方法があります。下処理をしてからの方が仕上がりはきれいになりますが、キズにそのまま上塗りしてもそれほど問題はありません。クレヨンや筆の様なもので傷をなぞるだけなので非常に簡単で、誰にでもすぐできる補修方法です。注意点として、「塗り過ぎると表面がデコボコ」になることがある為、その加減を覚えることが必要になります。

当社は車の傷やへこみを修理する専門業者であり、対象エリアは東京都・埼玉県・神奈川県に対応しております。 車の修理って高い!いままで常識を覆す、安心の均一料金体系。 初めてのお客様におすすめの主力商品・サービスは、バンパーすりきずならいつもは3,000円のところ、今なら大特価999円です。 バンパー擦り傷の修理が激安!